(2)成果はあなたの人間力アップで引き寄せることができる

 

どうしても、結婚という成果に対してばかりに意識がフォーカスをしてしまい

ますが、そもそも本当に結婚だけがゴールでしょうか?

 

私は実は仲人でありながらそうは思っていません。

 

あなたは現在

 

結婚した人の何組に1組が離婚するかご存知でしょうか?

現在は、経済産業省の調査では、3組に1組が離婚する

時代なのです。

 

 

現に結婚相談所のリストの中には再婚の人がたくさんいらっしゃいます。

 

つまりゴールは結婚ではなく、「幸せな結婚」

 

なのではないでしょうか?

 

そのための価値ある出会いとは、どんな出会いでしょうか?

それは、特に恋愛に限らず自分の価値観を変えてくれるような人との

出会いだと思います。

婚活で、あなたは普段会うことができない様々な業種の人々と会うことが

できます。

あなたは、それらの方々お一人とお一人と真摯に向き合うことが
できたなら、きっとその経験はあなたに人としての深みを与え

あなた自身の内面的魅力はアップすると思います。

それこそが、価値ある出会いなのではないでしょうか?

 

婚活やお見合いとは他人と家族になるためのコミュニケーションを

積み上げて行くことです。

 

その過程の中で、相手にモヤモヤしたり自分に自信を持てなかったり、

人がめんどくさくなったりすると思います。

 

そのすべての源は自分でその感情のすべてを見つめて行くと

人への対応力や人を受け入れる能力が格段に上がると思います。

 

パートナーと上手くやっていくことも、子供を育てることも、家庭を

作っていくこともすべてはコミュニケーション力や人間力の向上にあります。

 

あなたが今取り組んでいる婚活やお見合いを

もし、そんな視点で捉えられたら少し、婚活の意味や目的がみえて

前向きになりませんか?少しだけ考えてみてくださいね。

 

 

 

著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)



 

 

(1)マイナスはあなたの認知でしかない

 

結婚相談所に入会する際に多くの人に質問されることとして

 

「私でも、上手くいきますか?」

 

 

という質問が良くあります。

 

 

 

 

確かに、高いお金を払うが結婚相談所は結婚の確率はあげてくれても

 

 

 

「結婚を保証してくれる場所」ではありませんので、、、

 

 

誰もが入会する際には

 

「結婚できなかったらどうしよう?」

 

「損はしたくない、、、、」

 

 

そんな気持ちが浮かんでくることは当然だと思います。

 

 

もし、「幸せな結婚を保証してくれるサービス」が

あれば1千万円でも契約しますよね。

 

残念ながら、そんな結婚相談所があるとするなら"詐欺"だと

思いますのでご注意くださいね^^


 

 

私は、そんな時
以下のような婚活における考え方をお伝えするようにしています。


私は、残念ながら"目が細く"身長が159cmしかありません。

160cmにサバを読まないことで誠実さをアピールしているのですが^^
※実は私の顔は目が細くビリケンに似ていることから仲人ビリケンが生まれています。

ちなみに、私の娘は目がパッチリです。

要するに私の妻は目がパッチリでのろける訳ではありませんが、美人だと思います。

 

私は、当然子供の頃からチビで目が細くとてもモテる方ではありませんでした。
ですが、そのことに悩むよりは逆に笑いに変えてそのことで

人と仲良くなって来たように思います。

そして、そんな私が細目でチビが好きな女性と出会っただけの話なのです。

 

要するに、私が言いたいのは

人の趣味は様々で卑屈になるよりは行動して
「そんなあなたがいい」といってくれる人にあった方が

早いということです。

 

現に私は今まで多くの人の結婚相談を受けて来ましたが、

「太った女性がタイプです」とか

「年収が高い男性はお付き合いしにくいので嫌です」や

「自分が背が高いので背の小さい男性が結構好きです」など

「人の趣味は様々だなぁ」っていつも思っています。

ようするに、「そのままのあなたが素敵だと思います。」

 

そんなことを思ってくれる異性に出会うことが婚活なのではないでしょうか?

 

もちろん、不利な条件は探せばいくらでもあると思います。

 

しかし、立ち止まってその条件と睨めっこするより、

 

条件を変えることを考えるか

 

その条件を気にしない人を見つけるか

 

どちらかの方が早いこと労力を注いだ方が結果が出ることに

早く気付いてください。

 

そして、一番いけないことはそのことをあなた自身が「コンプレックス」と受け止めて

いると、相手にあなたの自信のなさや卑屈さが写って

 

なんだか物事がうまくいかない状況になってしまうのではないでしょうか?

 

以上のような考え方は実は心理学でいうところの認知行動療法に基づいた

理論になります。

 

婚活においてあなたがもし、マイナスな認知を掴んでしまっているなら

あなたの捉え方を一旦変える努力をしてみてください。

 

そして、行動して見ることであなたの気分はきっと少し変わったものになるでしょう。

 

ninti.jpg

 認知理論図

 

 

 

著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)






では、男性と女性の婚活における考え方の違いを踏まえて男女の婚活に対する

「違い」がどのようなパターンを生み出しているのかをここで私の体験談から

説明します。

 

ちなみに
私の結婚相談所では、圧倒的に女性のインターネット申込が多くなっています。

それは、

結婚相談所=結婚相手を探す場所=目的が達成できる場所

 

というロジックが入会希望の女性の考えにあるからでしょう。

 

ですから、女性の入会の方の質問は


 

・成婚率はどの位ですか?

 

・私でも上手くいきますか?

 

・どんな人が成婚してますか?

など目的に対して達成できるかどうかの質問が多くでます。
すなわち、女性にとっては「結果が重要」ということです。

確かに女性の方が多く入会をするのですが、反面女性の方が短期で終了する

人が多く活動力やモチベーション維持が難しいと感じています。

 

 

 

要するに、結果が出ない(目的が達成できない)と

直ぐに辞めてしまう人が多いということです。

 

 

現に、先ほど入会希望者は圧倒的に女性の方が多いと申しあげましたが男性の

方が継続率は高いので私の結婚相談所では会員の男女比は5:5と半々です。

 

逆に男性は自分から結婚相談所に来る人は少ないが、

出逢いは常に強くもとめておりパーティーや紹介の話はこぞって飛びつきますが、

 

結婚相談所の「即結婚」というイメージに

1歩ひいてしまうところがあります。

 

 

しかし、お話をお聴きすると「結婚したい」とおっしゃる???

 

何が、引っかかっているのか?

 

 

男性は、「じっくりと付き合ってから結婚を考えたい」そんな方が多いので
即結婚というイメージがある結婚相談所に抵抗があるようです。

 

そんな時、私は結婚相談所での成婚までのプロセスの流れや

女性との歩幅のあわせ方などをお話すると皆さん口を揃えて

 

 

「今までの結婚相談所のイメージが変わった」

おっしゃいます。


 

男性にとって結婚相談所は「出会えること」が重要であり、

プロセスを踏むことによって相手を慎重に選んで行きたいと考えるのですが、

決めきれずお見合いを繰り返してしまう傾向が少なくありません。


 

 

女性の目的重視思考⇔男性のプロセス重視思考は、

 結婚適齢期の違いや出産、男性の経済力の低下など

背景にあると思います。



 

女性は、、、、

「早く結婚しないと子供が産めない!

自分は売れ残ってしまうのではないか???」

 

 

男性は、、、、

「自分は家族を抱えて養っていけるのか?

結婚すると自由でいられなくなってしまうのではないか???」

 

そんな不安を抱えています。 

 
そして、その不安を埋めようと自らの「ヒーロー願望」や「お姫様願望」を

埋めてくれる相手を無意識のうちに探してしまうのです。

 

婚活はこのような形でなければ駄目というものではなく、自分にあったスタイルを

無理なく出会った異性と共有し納得するまで話し合っていくことが重要です。



 

お互いの欲求を満たすことはとても重要ですが、お互いの欲求をしっかりと理解し

おくことで、自身や相手の癖やパターンを認識しておくことは、「幸せな結婚」

ためにはとても重要なのです。

 

そして何よりも

女性と男性の価値観や考え方の違いを受け止めることは婚活するうえでは

不可欠なことなのです。

 

 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)



 


1)皆さんはどんな家庭で育ちましたか?

2)ご両親にどのように育てられましたか?

3)両親の夫婦中は今思えばどうだったでしょうか?

4)あなたは家族の中でどんな役割を担っていましたか?

 

良くできた良い子、ひょうきんなムードメーカー、

 

しっかりものの頼れる存在などなど

一緒に旅行に行ったり、食事をしたり、喧嘩したり、

 

きっと10人いれば10パターンの家族のストーリーがあるのでしょうね。

しかし、10パターンあれけれど、今婚活をされている多くの方の家庭は、

 

 

お父さんが会社で働いて、お母さんが家事をする。

 

 

そんな家庭が私たちの育った時代のスタンダードな家族の形では

なかったでしょうか?

今のように、民間企業でのリストラ不安などなく、

 給与は右肩上がりに上がって行く、

 

 

女性のキャリアは結婚して家のことをやり家庭を支える・
私たちが子供のころ、私達の親が築いた時代はそんな感じだったように思います。

私達はそんな家庭で育ったので当然、家庭を築こうとしたとき、

同じような役割やイメージを持っています。

たとえば、ある女性は
自分の母親はいつも、家のことを自分はやらなければならない被害者意識が強かった。

 

なぜなら、父親は家庭を顧みずいつも仕事に没頭していて家に帰るのは寝る時だけだった。

というような家族のストーリーを持っているとお嫁さんになることは

 

「家のことをやらされる家政婦」といったイメージを持っているために結婚に否定的な女性もいました。

また、両親に「女の子はいずれ結婚をするから、控えめで協調性が大切」といわれて育てられたので

 

働く上で自分のキャリアを選択することを全く考えていなく自分はいずれ専業主婦になるつもりだ」と

 

思っていたけれど、

 

専業主婦ができるほどの収入の男性とはなかなか結婚できず困っている女性もいました。

 

では男性はどうでしょう??

男性は、家庭を顧みず仕事人間で、家族を経済的に支える父親のイメージといったところでしょうか?

 

ある男性は

自分の父親は仕事、仕事に追われていて時間がなく、まさに会社人間でなんだか人生を楽しんでいるようには見えなかった

そのために、"家族のために"という人生に疑問を感じている。

家族を経済的に支えるまでは、結婚は難しい、、一人前になるまでは、、、

 

おっしゃいます。

婚期を逃した多くの女性は長く付き合っていた男性に上記のようなことを伝えられるようですが、、、、

 

では、この給料が上がらない時代に

 

いつになったらあなたは男として一人前になるのでしょうか?

このように男性においても女性においても自分が育った家庭の

 

 

イメージをそのまま現在の状況に当てはめてしまいますが

それでは、いっこうに結婚に一歩踏み出すことは難しいのが現状なのではないでしょうか?

 

そのために、パートナーとお互いの

人生のビジョンやライフワーク、家庭のあり方などの

 

将来設計を話し合い落とし込んで行く必要があります。

私の結婚相談所では結婚前の男女にカップルカウンセリングを実施しております。

 

そこでは、まず男性、女性一人づつ面談をして

1).自分のこれからの人生設計

2).今後大切にして行きたいこと

3).自分の理想とするライフワークワーク

4).仕事のキャリア設計

5).築いて行きたい家庭のイメージ


などを各自がビジョンシートというものに落とし込みます。

その後、作成したビジョンシートについてお互いがプレゼンテーションをする時間を持ちます。

この時点で、相手のビジョンシートの結果が想像通りだったという人はほとんどいません。
相手の知らない部分や、新しい発見があるようです。

または、マイナス部分が見えたりお互いのズレを感じるようです。

経済産業省の報告では現在3組に1組が離婚する時代になっている現在では、

 

 

お互いの「リアリティショック(ギャップ)」

できるだけ埋めておくことが結婚生活をスタートするうえで

 

とても重要になってくることだと思います

だから、結婚前にマイナス部分やズレをできるだけ、見つけて話し合っておくことはとても重要です。

そして、お互いの未来を受け止め応援できるような関係ができた時、

始めて今までとは違う新しい家庭のあり方を作っていく第一歩を踏み出すことができるのだと思います。


多くの人は結婚生活についてぼんやりとした創造しか持っていません。
ましてや、そこに好きという感情が乗っかってくるとすべてをポジティブに捉えてしまいます。

それも結婚に踏み切るにはとても大切な要素ですが、少し冷静になってシュミレーションしてみると

 

 

「幸せな結婚に一歩近づく」と思いますよ^^

 

 

著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)

 

 

 

 

皆さんは男性不況という言葉を聞いたことがありますか?

 

 

 

男性不況とは、

高度成長の時代とは変わり仕事の上で男女平等の社会になり、

 

 

製造業などの男性向きの仕事が減り、女性を必要とする介護、医療、福祉

などの仕事が増えた結果、労働力の面で男性の価値が低下した状況を指します。

 

 

20130221-00028341-r25-001-1-view.jpg

 

さらに、不況が原因で非正規雇用、低所得者の男性が増加した結果、結婚相手としての

男性の地位も低下してしまい、皆さんの結婚の状況にも大きく影響を及ぼす問題となっています。

 

 

 

草食男子といった上昇志向を持たない、男性が増えてきたのも「男性不況」など

が要因となっていると思います。

 

 

 

このように男性の在り方、女性の在り方も時代と共に変化をしており、

そのことが、今後の家庭の在り方にも大きく影響を及ぼしてくると思います。

 

 

 

私の結婚相談所へ入会される女性の希望年収の中で一番多い年収希望は

大体「600万円以上」が多くなっておりますが、、、

 

 

 

果たしてでは、男性不況である今の男性の平均年収はどの位かご存知ですか?

 

 

 

バブルが崩壊してから社会人となった30代男性の平均年収は400万円代まで下がりました。

 

 

 

sala-g-kaisou.gif

 

 

 

国税庁 民間給与実態統計調査結果グラフ

 

 

 

 

20代においては400万円を下回っております。

 

要するに女性は年収をあまり気にし過ぎると、

なかなか相手が見つからない状況になっているのです。

 

 

こんな時こそ、私は共に力を合わせて

人生を歩んでいくパートナーが必要だと思っています。

 

 

男性不況の現在は、まさに結婚変革期です。

 

 

これから結婚をする皆さんは

家庭においての男性、女性の役割を今一度考えて、お互いがパートナーとして

歩んでいくためのイメージを相手と共有する必要があると思います。

 

 

あなたの婚活を成功させるために、結婚のイメージを少し、現実的に変えて

変革をイメージしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ちょっと視点を変えただけで、

今難しいと思っていることが解決するかもしれませんよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)

 

 

 

 

 

 

女性は、逆に結婚という目的を重視するので、

 

 

始めから相手の条件や印象で有りなのか無しなのかをある程度見極めます。

 

 

では、これは女性のどのような欲求からの行為となのでしょうか?

 

 

女性はというと、

 

小さい頃からお姫様に憧れて「お姫様願望」を持っています。

 

 

 

 

 

王子様に守られたい。

 

 

 

 

 

運命の人に出会いたい。

 

 

 

 

 

 

女性にとって「自分を守ってくれる男性」は

 

絶対的な存在であり、女性のお姫様願望を満たしてくれる、まさに王子様なのです。

 

守ってくれるという意味では

当然、結婚ともなれば現実的な面で経済的に守ってくれる

 

ということも非常に重要なことです。

 

 

 

男性の収入、学歴、資格、など

経済的に安定しているかということも当然

重要な要素です。

 

 

 

また、経済的よりも女性にとってもっと重要になるのが

精神的な面はもっと大切だと思います。

 

 

 

自分をしっかりと理解して貰っているという

安心感は女性にとって何よりも大切です。

 

 

 

 

理解して貰っている=大切にされている

 

 

 

 

というロジックが女性の頭にはあります。

 

 

 

だから、男性は女性の話に良く耳を傾ける

ことが重要なのです。

 

良く、お見合い相手の男性が「自分の話しかしない」などと

 

 

女性の会員さんからのクレームを聞きますがそんな男性もってのほかです。

 

 

この精神的に大切にするについては、結婚する前もそうですが結婚してからも最重要項目です。

 

 

私は日々の結婚生活を通して、嫁の顔色を伺いながら

コミュニケーションをとっていますが、相手の感情にフォーカスをして

相手がストレスを溜めていると感じたときはしっかりと話を聴き

理解するように努めています。この危険察知能力がなかったら

大きな喧嘩になり大変なんです、、、、、

 

 

 

それから、当然「王子様」は

それなりに魅力がなければいけません。

 

 

 

・男らしい

・イケメン

・話が面白いなど、、、、、

 

 

女性が頼りたい。

 

 

憧れる。

 

 

 

などの雰囲気が必要です

 

 

例えば、ホストクラブでは

 

女性をエスコートして必要以上に

ホストは女性を大切に扱います。

 

そして、クサイ位の台詞で女性を口説くのです。

 

これはまさに女性のお姫様願望を満たす行為といえます。

 

また、韓流ブームで韓国の俳優や歌手が

もてはやされていますが、これも

女性に優しくファンを大切にする

印象や男らしい体つき

 

 

それから、何よりもドラマに出てくる

主人公の完璧なまでの王子様設定に

 

 

 

女性は憧れてしまいます。

 

韓流をテレビで見るたびにこれから

日本男児ももっと頑張らねばと思いますよね。

 

同時に、日本の女性に目を覚ましてくれって思ったりもします^^

 

 

 

韓流好きの人が、もしいたらすいません。。。

 

 

 

 
 
 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)
 
 
 
 
 
 

 

 

男性と女性は基本婚活に対する考え方が違うと思います。

 

 

 

その違いを良く理解しておかないと婚活においては

残念ながら男性と女性は本当にかみ合いにくい状態になっているケースが良くあります。

 

 

 

ここでは、私が感じている男女の「婚活における考えた方の違い」

をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

1)男性の婚活はプロセス重視

 

男性は婚活においてはプロセスを重視します。

 

 

 

 

良く目当ての男性を捕まえるには

男性の胃袋を抑えろ!

 

 

 

なんてことがいわれますが、これもプロセスの一つですよね

 

 

 

男性は子供の頃ヒーロー番組を観て育ちますよね。

 

 

 

そして、父親の背中を見ていずれ家族を持ち

家庭を養っていく父親像をインプットされています。

 

 

 

ですが父親の時代と今の時代の経済状況は

大きく違っていますし、給与は年々上がるどころかリストラされる不安すらある時代です。

 

 

 

それに、子供の頃テレビで観たヒーローのように精神的にも

肉体的にも強い男性のなんて殆どいないでしょう^^

 

 

 

 

だから、男性は結婚を考える時にこんなことが頭をよぎります。

 

 

 

■自分が家族を養っていけるのか?

 

 

 

■女性の期待に応えられるのか?

 

 

 

■自分で本当に大丈夫か?

 

 

そんな自信のなさから結婚に関して次第に

ネガティブな感情が男性に芽生えてきます。。。。。

 

 

  

 

「まだ、結婚は早いのではないか?」

 

 

 

「自分はもっと自由でいたい」

 

 

「一人前になってからでないと結婚してはいけない」

 

 

ではいつ一人前になるのでしょうか????

 

 

 

 

このような傾向は

子供の頃からヒーロー願望がインプットされている男性が

ヒーローになりきれない自分にコンプレックスを持っているからです。

 

 

 

そして、やがて

 

結婚いう重圧から「逃げたい」と思ってしまうのです。

 

 

 

 

 

だからこそ、

実は男性は不完全な自分を

 

 

 

支えて欲しい。

 

 

 

甘えたい。

 

 

 

 

という願望を潜在的に持っています。

 

 

 

要するに、男性は心の奥底で「母親に代わる絶対的な存在」を

求めているいるのです。

 

 

 

 

当然お付き合いしている女性は絶対的なものではないので

男性は、お付き合いしながら

 

 

 

 

相手の女性が

 

 

 

ヒーローになりきれない自分のコンプレックスを

埋めてくれる女性か?

 

 

 

絶対的な母性を持った自分を癒してくれる女性か?

 

 

 

 

をプロセスで見ていくのです。

 

 

 

 

そして、相手の女性が自分のヒーロー願望と絶対的な存在という

欲求を満たしてくれる女性だと感じた時、

男性は絶対的な信頼を相手の女性に抱くようになります。

 

 

 

 

例えば、話は脱線しますが、キャバクラ嬢は

男性の話を聴いてとにかく褒めます。

 

 

 

 

「すごーい」「ほんと!

「なんでも知ってるんだね」

 

 

 

 

また、男性に特別な存在をアピールするために

 

 

 

 

「あなたには特別に話すけど、、、、」

 

 

 

 

などと切り出し、悩み相談などして注意を引き、頼りにしている

ことを告げます。

 

 

 

これは、まさしく男性のヒーロー願望を満たす行為といえます。

 

 

 

 

そうして、心を開いたように見せかけると

 

 

 

男性にはもうその女性は母親に代わる絶対的なに女性なるのです。

 

 

 

そうすると、男性は少しづつ自分の弱みを見せるようになって

いく訳です。

 

 

 

ま、婚活女性からしてみると、とんでもない話ですが、

 

 

 

これも立派なテクニックですね〜。

 

 

 

男性はからみると怖いですね、、、、、。

 

 

 

 

男性は本当に単純な生き物ですよね^^

 

 

 

 
 
 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
 
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
 
 
 
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
 
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)

 
もし、仕事が幸せで家庭が幸せじゃなかったら
あなたは幸せですか?

 
では、仕事は幸せじゃないけど家庭が幸せなら
あなたは幸せですか?
 
 
当然どちらも「幸せ」とは言い切れないですよね。
 
 
個人差はありますが、私たちの人生の殆どの時間は「仕事」と「家庭」に時間を費やすといっても過言ではないでしょう。
 
 
そして、これらは密接に影響しあった関係と言えるでしょう。
 
実際に私は、長年企業でメンタルヘルスのコンサルティングの仕事をしておりますが、
企業の従業員の方のカウンセリング内容は、仕事とプライベート半々位だと思います。
 
どちらか一方が不満足な状態であれば、どちらか一方に影響してしまいます。
 
だからこそ、私たちはこれら両方の満足な状態を作り上げていくことが「目指すべき幸せな状態」に近づくのだと思います。
逆にいえば、どちらか一方が満足な状態になることで、
 
どちらか一方がよい方向に進むことは良くある話です。
 
 
例えば、
・良妻賢母の奥さんを貰ったので仕事を頑張る男性
・子供が生まれたので仕事のモチベーションがあがる
・パートナーの支えがあるので仕事を頑張る女性
・仕事でよい結果が生まれたので給料が増えたので家族に良い暮らしをさせることができる
・・・・etc
仕事を頑張れる
家庭の居心地がいい
 
どちらにおいてもメンバー間の信頼関係を構築し、自らの役割や価値を
構築していくことであなたの人生はより充実してものになるでしょう。
 
私達の人生を充実した幸せな状態に持っていくには、この二つを幸せに
するためにはどのような生き方やパートナーを見つけて行けば良いかを考える必要があります。
だからこそ、結婚はあなたの人生の大きなテーマではないでしょうか?
 
 
 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)
 
 
 
 
私は、5年ほど前から働く人への
"素敵な出会いのプロデュース"を始めました。
 
 
なぜ"出会いのプロデュース"を始めたのか?
 
 
私は普段企業でメンタルヘルスのコンサルティングの仕事をしておりましたが、
多くの働く人へのカウンセリングを通して仕事と家庭のたくさんの悩みを聴いて
人生をより充実したものにするために最も大切なことは
 
「素敵なパートナーに出会う」
 
ことだと実感させられたからです。
しかしながら、とは言っても
 
あなたは
「パートナーを探すことは難しい、、、、」とお考えになっていませんか?
 
そうです。難しいんです❗
 
現在、結婚を考えられている皆様は親の世代の家庭のイメージを持ったまま結婚を考えられていると思います。
男性であれば、家族を養って行く大黒柱ですが・・・。

 
⭕今の自分では家庭を養って行くことはできないのではないか?
⭕仕事に明け暮れて、自由がなくなってしまうのではないか?
⭕責任のという言葉から逃げたい・・・
 
 
女性であれば、家庭を支える主婦ですが・・・、

 
⭕家庭よりも仕事を優先したい
⭕頼りがいあり、支えたいと思う男性がいない
⭕母親よりも女性をもっと楽しみたい
 
 
そんな不安を抱えながら、皆さんは婚活と向き合っているのではないでしょうか?
 
 
私たちの両親の時代とは違い、今は、年功序列の崩壊、バブルの崩壊で男性の給料は右肩上がりに上がっていかないどころか、リストラで職を失う恐れすらあります。
 
男女雇用機会均等法が年々改定され、女性の社会進出が、男女が平等に働く時代が到来しようとしています。
そんな中で、結婚を選択しようとする皆さんは、今までの親から引き継いだ結婚観を捨て、これからの結婚観を身に着けて行く必要があるのではないでしょうか?
 
 
あなたは何のために働いていますか?
あなたは20年後の自分をどう考えていますか?
いずれあなたは、仕事を引退する歳になり、
自分の人生を振り返る歳になります。
 
その時、あなたの周りには誰がいますか?
 
パートナー、子供、孫、友人・・・・、
私は、あなたがこの本を読むことであなたの婚活の助けとなり
素敵なパートナーと出会うきっかけになればと思っております。
より素敵な人生をあなたがあなたのパートナーと歩むことを願っています。
 
⚫婚活における考え方
次へ・・・
1、仕事と家庭はあなたの人生
 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)
~現代の独身男女の皆さんの結婚の多様性~
 
 
⚫婚活における考え方
1、仕事と家庭はあなたの人生
2、男性のプロセス重視思考|男性と女性の婚活における考え方の違い
3、マイナスはあなたの価値観でしかない
4、婚活で陥りやすい間違い10項目
5、婚活を楽しんでいますか?
6、相手に自己開示する勇気を持ちましょう
〜婚活は他人と家族になるステップ〜
 
 
⚫婚活方法
1、合コンや友達の紹介
2、婚活パーティー
3、趣味の会から出会いを探す
4、オフィスラブ
5、結婚相談所
6、お見合いパーティーと結婚相談所どっちがお得?
 
 
⚫自己分析と相手選び方法
1、あなたの仕事と家庭のスタンス何対何?
2、あなたは相手を通して何を手に入れる?
 そして、あなたが相手に提供できるものは何ですか?
3、~女性のお姫様願望、男性のヒーロー願望~
4、決済賢者の法則~相手が決定するために重要なことは?~
5、強者の理論~決める権限は惚れさせた側にある~
6、自分が育った家族環境を振り返ってみましょう。
7、条件に優先順位を付けてみましょう。
8、自分のライフプランをイメージ出来てますか?
 
 
⚫成婚までのプロセス
1、成功のセオリーは出会いの回数とコミュニケーション
2、見た目スキルで印象は大きく変わる
3、お見合い時の話の進め方
4、ベースは人間関係から始まる
5、喧嘩をしてみないと、その人の本質はわからない
6、お互いの人生を応援する関係とは?
~自分とパートナーの欲しいものを理解しましょう~
 
 
おわりに
~幸せを諦めないでください。~
 
 
著書:カリスマ仲人"ビリケン"の紹介
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)代表
 
3万円からスタートの格安結婚相談所
 
36歳 妻1人 子供1人の3人家族
産業カウンセラー、メンタルヘルスコンサルティング
 
私の仕事は皆様の
「"ワークライフバランスの充実をお手伝いすることです」
 
長年メンタルヘルスのコンサルティングに関わり、多くの働く人の悩みに向き合ったことを
きっかけに、仕事と家庭の調和こそが
 
"人生の幸せ"であると気づき、
 
2009年にメンタルヘルス事業の他に結婚相談所事業をスタート。
 
4万件のお見合いデータを
僅か3万円の入会金でみることができる格安のサービスを提供しております。
 
現在まで、多くの働く人の婚活をサポートし、成婚させてきました。
 
 
結婚相談所 アイビジョン(I Vision)